特別顧問ごあいさつ

工藤胃腸内科クリニック 特別顧問 工藤進英

わが国において消化器の癌死はすべての癌の中で最も多く、特に大腸癌の死亡率は男女ともに上位を占め、今世紀の早い段階で第1位となることが予想されております。

こうした現状に対して、近年飛躍的な進化を遂げた拡大内視鏡による、早期診断早期治療の役割が、今、一層重視されています。

当クリニックは” 大腸癌では死なせない” をモットーに次の理念を掲げ、これまで私どもが長年培って参りました世界最先端の拡大内視鏡による早期診断・早期治療技術を総動員していくことをお約束いたします。

1.拡大内視鏡を用いた質の高い医療を提供すること
2.患者様の満足度を満たすこと
3.世界へ内視鏡診断学と治療法を広げていくこと

また、当クリニックでは、一般保険診療のほか会員制ドックを取り入れ専用ラウンジをご用意しホスピタリティー溢れるアットホームな空間を皆様に提供させて頂きたいと考えております。

工藤胃腸内科クリニック 特別顧問 工藤進英

ページのトップへ